北九州の刑事事件に関するご相談は、デイライト法律事務所・刑事事件チームにお任せください。

 

 

専門チーム

デイライト法律事務所の刑事事件チームは、刑事事件の専門チームとして設置されました。

当事務所では、刑事事件に関して、次のお悩みに関するサポートを行っています。

 

示談してほしい

被害者がいる事案では被害者との示談交渉の成否が不起訴獲得に大きく影響します。


 

 逮捕・勾留されたくない

逮捕・勾留は大きな負担となります。対応方法についてご相談に応じています。


 

 告訴されたくない

告訴を回避することで、逮捕・起訴を防止できる可能性があります。


 

 自首を考えている

自首のメリットや手続きの流れをご説明し、警察署まで同行する等のサポートを行っています。


 

 無実である

冤罪を阻止し、容疑を晴らすために徹底的に戦います。


 

 執行猶予をつけたい

起訴された後は実刑を解するための弁護活動を行います。


 

 ご家族のサポート

弁護士が収容施設まで急行して面会する初回接見サポートを行っています。


 

上記は一例です。

刑事弁護に関するサポートの詳細はこちらのページを御覧ください。

 

 

 

刑事事件チームの特徴

チームミッション

 『犯罪なき社会を創る』

 

高い専門性を駆使した刑事弁護活動

デイライト法律事務所の刑事事件チームは、刑事事件に注力する弁護士のみで構成された刑事弁護の専門チームです。

欧米では、弁護士の専門特化が進んでおり、刑事事件については、刑事専門の弁護士に依頼するというのが当然です。

他方、日本では弁護士の専門特化は欧米ほど進んでいません。

すなわち、一人の弁護士が刑事、民事を問わず幅広く対応するという傾向です。

この傾向は北九州のような地方都市ほど顕著です。

しかし、刑事事件に適切に対応するためには刑法、刑事訴訟法等の法令や刑事裁判例に関する深い知識が必要です。

また、効果的な弁護活動には、豊富な実務経験に基づくノウハウが必要となります。

さらに、刑事事件は、結果次第で容疑者の方の人生を大きく変えてしまう可能性があります。

そのため、クライアントの目線に立てば、刑事事件は刑事専門の弁護士のみが取り扱うべきです。

デイライト法律事務所は、開設以来、弁護士の「専門特化」を第1の行動指針としております。

当事務所の行動指針等について、くわしくはこちらのページをご覧ください。

 

このような考えのもと、デイライト法律事務所では、刑事事件に注力する弁護士は刑事事件チームに所属し、専門性の深耕に取り組んでいます。

当事務所の刑事事件のサポートについて、くわしくはこちらのページをご覧ください。

 

迅速な解決を目指す

刑事事件刑事事件は、起訴されると99.9%が有罪となると言われています。

したがって、刑事事件において「有罪とならないようにするためには不起訴を獲得すること」がポイントとなります。

不起訴を獲得するために重要なことは、「スピード」です。

犯罪の捜査が始まって逮捕されると、その後は一定の時間制限の中で、送検、勾留、起訴という可能性があります。

釈放される可能性もありますが、身柄拘束による負担等を考えると、刑事弁護において重要なことは、逮捕される前の早い段階で弁護活動をスタートすることです。

当事務所の刑事事件チームは、刑事事件については緊急対応が必要なことが多いため、24時間365日電話受付を行っています。

また、ご依頼を受けると迅速に刑事弁護活動をスタートさせます。

そして、逮捕前や起訴前に解決できることを目指します。

 

分野別の特化サイト

■刑事事件特化サイト
https://www.keiji-lawyer.jp/