デイライト法律事務所は、地域に密着した北九州屈指の法律事務所です。

専門性 × 総合力

デイライト法律事務所が開設以来、一貫して大切にしている行動指針、それは「専門特化」することです。

デイライトの行動指針についてはこちらから御覧ください。

 

当事務所が専門特化を重要視する理由は、クライアントに最高の結果をもたらすためです。

すなわち、弁護士が扱う法律問題はとても複雑なため、注力分野を絞らなければ質が高いリーガルサービスを提供することはできません。

専門性の重要性について、医師の場合を例にしてみましょう。

医師は、高度な知識と技能が必要であり、通常、内科、外科、耳鼻科などの専門分野に別れています。

特定の分野のみ取り扱うことで、高度な知識とノウハウを備え、患者に適切な治療を施すことができるからです。

弁護士も医師と同様、高度な専門技術が必要となる職業です。

多種多様な法律問題について、「幅広く何でも対応する」というスタンスでは、適切な結果をもたらすことができない可能性があります。

そこで、当事務所は「専門特化」を第1の行動指針としています。

他方、当事務所には、大勢の弁護士が所属しています。

また、それぞれの専門分野は、企業法務、交通事故、家事(離婚・相続)、刑事事件など異なります。

さらに、弁護士の他に、行政書士、税理士、マーケッター、ファイナンシャルプランナー、MBAホルダーなどの専門職が多数在籍しています。

そのため、事務所全体としては、様々な分野に対応できる体制を整えています。

例えば、デイライトには、企業法務に注力した弁護士のみで構成される企業法務部があります。

この企業法務部には、労働事件をメインに扱う弁護士で構成される労働事件チームやIT企業をサポートするIT法務チームなど、様々な専門チームがあります。

そして、これらの専門チームが連携して企業をサポートしています。

このようにデイライトは、専門力と総合力を兼ね備えており、病院で例えると地域の総合病院的な役割を果たしています。

 

 

圧倒的な解決実績

デイライトの専門チームは、その注力する分野において、業界トップレベルの実績を誇っています。

例えば、離婚事件に注力する弁護士のみで構成される離婚事件チームは、年間700件を超える離婚相談を受けております(2019年調べ)。

また、年間の離婚事件の受任数は200件程度となっています(同)。

このような圧倒的な解決実績は、外部の専門機関からも高く評価されています。

デイライトの最新の表彰実績についてはこちらをご覧ください。

 

 

顧問先数

デイライトの企業法務部は、多くの顧問先企業をサポートしており、顧問先企業の数は150社を超えています(2020年1月1日現在)。

また、顧問先企業には、上場企業から中小零細企業、社会保険労務士等の他士業などがあり、幅広くサポートすることで、地域経済の発展に貢献しています。

企業法務部について、詳しくはこちらのページを御覧ください。

 

最先端の設備

デイライトは、北九州における地域ナンバー1の法律事務所となることを前提として設計されており、従来の法律事務所にはない最先端の設備を有しています。

小倉駅前(新幹線口)の目の前の広大なオフィスには、多数の会議室のほか、大人数を収容可能なセミナールーム、模擬法廷、キッズルームなどが完備されています。

セミナールームや模擬法廷を備える法律事務所は、福岡には当事務所以外にはほとんどないと思われます。

デイライトのオフィスについてはこちらのページを御覧ください。

デイライトの最先端の設備は、クライアントのほか、地域の企業、起業家、ビジネスパーソンのための施設として活用されています。

 

 

 





その他の当事務所が選ばれる理由についてはこちらからどうぞ